方針書の作成

チームの考え方、方向性をそろえるために必要な方針とルール

方針書の作成

チームの軸が明確にされたら、次の段階として、それらをチーム全体に浸透させていくステップになります。実際、経営理念をオフィスに貼り出したり、朝礼で全員で復唱したり、社内研修を行うなどの様々な取り組みが行っている会社が多くあります。

ここで私たちが推奨するのは、チームの具体的な方向性を明文化した「方針書」の作成です。方針とは「基本的な目的の達成を可能にする規則・手順・ガイドライン」と定義されます。そして「方針書」とは、ゴールを達成するためのチームの指針がすべて網羅されたものです。

口頭で様々な考えを伝えても、その場限りということがよく起こります。記憶力の悪い社員に理解をさせるまでに何度も何度も同じことを繰り返さなければならないこともあります。「方針書」を書面として発行しておけば、チームのルールブックとして、規律としての永続的価値と性質を帯びるようになります。

「方針書」を明文化するメリットは以下になります。
・方針書は、チームの規程としての役割を担う
・チームにとって、規範的な考え方、行動の拠り所となる
・偏見や利己的な判断がはびこらないようになる
・誰かが方針から逸れていても、その人を正していく根拠となる
・新人教育、社員研修の教科書として何度でも繰り返し活用できる

「方針書」は、わかりやすく理解されるように書かれ、創業者または代表者の名の下に発行します。段階的に重要性の高いものから発行していき、繰り返し活用していくことによって、ゴールに向かっていくチームの指針がトラブルなく浸透していくようになります。

パフォーミアでは、「方針書」の作成を支援するコンサルティングサービスを行っています。多忙な経営者に対しては「方針書」作成の代行も承っています。

その他サービス