従業員の研修について

Photo by pressfoto <Freepik.com>

皆さん、こんにちは。
パフォーミア事務局です。

「組織づくりのヒントとコツ」をお届けします。

今回のテーマは、「従業員の研修について」です。

さて、従業員に知識を与えていくことは、企業の成長にとって欠かせないことですよね。

しかし、手当たり次第に教育に多くのお金をかけても、期待する効果をもたらすことはできません。教育や研修で効果を得るためには、どの人に教育を行うのが適切なのか、誰にいつ投資をすることが会社の未来にとって有益なのかを検討する必要があります。

もちろん、皆さんは、本当に会社に貢献し、自分の担当分野に意欲と関心を持っている従業員に教育をしたいと思うでしょう。もしそういう従業員に教育するなら、その人は習得した情報を最大限に活用し、自分の仕事をより効率的で優れたものにする可能性が高いからです。

事実、時間とお金をかけて行う教育は、会社に利益をもたらしていて、業績が徐々に向上していて、積極的に行動し、約束を果たしてくれる従業員への報酬であるべきです。

教育のやり方、つまり「どのように学んでもらうのか」も重要になってきます。ほとんどの人は、実践を通して学ぶことができたとき、情報を記憶し、そして応用することができるようになります。

したがって、教育においては、実践の訓練の前に、与えられた主題を理解するために必要な理論を含め、それら両方のバランスを十分とるべきです。

次に、教育研修を「いつ行うか」のタイミングが重要になります。

その適切なタイミングは、シンプルに言えば、会社が、その従業員に新たに産み出してほしいものを取り組んでもらう前、もしくは、さらなる教育を通じて、彼/彼女の能力を上げ、より効率的に仕事をこなせるように支援するべきだと判断したときです。

そして「誰と一緒に行うか」です。ここでは、適任者をトレーナー/教育担当として選ぶことも忘れてはなりません。トレーナー/教育担当は、その分野で何をトレーニングするかについて熟知していて、成功した実績を持っていなければなりません。これらすべてが、教育への効果的な投資のための理想的な組み合わせでしょう。

今回のヒント:実践によって証明されたヒントをいくつか紹介します。

・上司は模範を示すべきです。自らを教育し、自分の経験と知識を部下に伝えていく上司の下で育った部下は伸びていきます。

・上司やトレーナーは、日ごろから、部下や参加者たちが進んで学ぶことを期待するようにします。本当に進歩や向上をしたい人は、喜んで学びの場に参加してくれますし、そういう参加者であれば、研修や教育を受けることで、できるだけ多くの情報を持ち帰ろうとし、とりわけ、適用しようという意欲が高まっているからです。

・よい成果がでたら、社内独自の人的リソースを活用し、他のスタッフたちにその成功体験を直接共有してもらいます。

社員教育や研修について、もっと詳しく学びたいですか?もしそうであれば、それについて学ぶのは今かもしれません。

チームビルディング研修

私たちは、皆さんが適切に従業員を育成し、より効率的で繁栄するチームによって報われることを願っています。

最後までお読みいただき有難うございました。

関連記事

  1. モチベーションと福利厚生

  2. パフォーマーを育てるには?

  3. 部下のモチベーションの管理

  4. 組織を機能させるための三要素

  5. ポジションを正しく定義する

  6. 「変化」を好む人と嫌う人

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。