従業員の啓発をどのように行っていくか

photo by peoplecreations<freepik.com>

皆さん、こんにちは!
パフォーミア事務局です.

組織づくりのヒントとコツ」をお届けします。
今回のテーマは、「従業員の啓発をどのように行っていくか」です。

さて、ほとんどの経営者、役員、管理職は、新しい人をチームに受け入れ、新しい成果物を創造し、新しい設備を導入するなど、会社が存続していくために何をすべきなのかについて常に考えています。何か新しいものに触れることは、知識、知見、教育などに結びつきますよね。

しかし、最高の設備を揃え、最高の成果物を産み出すための計画を立てることはできても、その組織が勤勉で熟練した人々によって運営されない限り決して成功することはないでしょう。だからこそ、会社を前進させようと思ったら、定期的に従業員を教育し、自己啓発を支援することが絶対に必要なのです。

では、どのように、彼らをサポートすべきなのでしょうか?

今回のヒントとコツ:
従業員の自己啓発という場合、必ずしも外部のコンサル会社や研修講師を利用しなければならないというわけではありません。

例えば、優秀な従業員に、単純な事柄から大事な手順や技術、課題に至るまで、成功した行動を発表してもらうなどして、社内で定期的に品質向上のための研修や評価を行うこともできます。

その結果、さらに同僚が啓発されるので、彼らの仕事に対する姿勢の向上につながります。

さらには、チームのみんなが興味をもっている共通の事柄があり、それに長けた意欲的な人がいる場合、彼らは情報を独り占めにはせず、自分の経験やスキルを共有してくれることもあります。自分の経験を伝え、それをチーム内で共有するような形式で社員教育を行うことで、会社を発展させ、長期的な効果をもたらすことができます。

そういう組織を築いていく方法がわからないですか?もしそうであれば、それについて学ぶのは今かもしれません。

皆さんの組織の従業員が、よく教育され、より有能になることを願っています。

最後までお読みいただき有難うございました。


関連記事

  1. チームとは何か?

  2. 昇進昇格をうまくいかせるためには

  3. 「ノルマ」と「倫理」

  4. 「変化」を好む人と嫌う人

  5. よくある組織の問題-その根源

  6. パフォーマーを育てるには?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。